研修医 臨床医

心電図読影トレーニング

受講料 8,640円 (税込)
発売日 2016/02/01
講師 Dr.成瀬
テキスト なし
対象 初期・後期研修医
視聴期間 視聴開始後30日
※視聴開始期限は入金後30日以内となります
買い物かごに入れる

講座の購入は、ログインしてください。

初めてご利用の方は、ご購入の前にこちらをご一読下さい。

サンプルを視聴する

商品説明

循環器専門医であるDr.成瀬が、研修医に向けて心電図の

(1)診断のルール

(2)緊急性があるかないかの判断

(3)心電図が有用な症状や疾患について

わかりやすく講義!

心電図を臨床推論の一つのツールとして、診断にいかす為の心電図の読み方

疾患の特徴による心電図の変化を実例を示して解説!

また、臨床現場で目にするペースメーカーや心電図モニター等についても説明

しているので、初期研修医には必見の講座です!

----------------------------------

【セットキャンペーン内容】

心電図読影トレーニングを含む、初期研修医サポートコース2016の

セットキャンペーン商品がございます。下記よりご確認ください。

※なお、単品のキャンペーンはございませんのでご注意ください。

http://gmouen.jp/item/SKSC_2016.html

価格 : 80,000円(税別) ⇒ 50,000円(税別)

視聴期間 : 6ヵ月 ⇒ 12ヵ月

----------------------------------

 

 

講義要項

PART11.心電図の総論 2.ST-Tの変化(緊急性がある、準緊急性、緊急性がない) 3.虚血性心疾患の特徴、心電図の変化 4.急性心筋梗塞の心電図実例 5.狭心症の心電図実例PART21.不整脈について◆緊急性がある場合(処置がすぐ必要な場合)◆準緊急性がある場合◆緊急性がない場合 2.不整脈薬治療の原則 3.ペースメーカーについて 4.心電図モニターについて 5.Holter心電図について